美容はエイジングケアから

はじめまして!

美容友の会の代表の坂田です。

女性の美容についてしっかりと向き合い、いつまでも若々しくいられるようにするために、日々活動をしています。

そんな活動の中で、もっと色んな人に美についての知識を深めてほしいと考えて、ブログを立ち上げることにしました。

定期的に更新していくので、是非これをきっかけに美容に気を遣うようにしていきましょう。

さて、今回は1記事目ということで、エイジングケアについて書こうと思います。

30代になるとしわやたるみなどの肌トラブルが気になりはじめると思います。

いきなり表れてくるのでショックを受けてしまう人も多いでしょう。

ことに今は新型コロナウイルスの感染拡大が心配されているので、マスクが手放せない必須アイテムになっています。

一日中マスクをしていることも多いと思うので、そうなってくると老化はどんどん加速してしまいます。

手遅れになる前にしっかりとエイジングケアをしておくことで、老化を遅らせることはできますし、改善させることも可能です。

いつからエイジングサインが出るのか

人は、年齢を重ねることで肌の機能は衰えていきます。

個人差がありますが、大体平均的には28歳をピークとして肌の代謝が落ち始めて、ハリの元となるコラーゲンの生成量が落ち、保湿機能を司っているヒアルロン酸も減少していきます。

明らかな変化はわからなかったとしても、昔よりも乾燥しやすくなったり、夕方になると肌がむくんでくるといった症状が現れ始めたら、エイジングサインとなります。

エイジングケアは何歳から始めればいいのか

エイジングケアを始める年齢も個人差がありますが、化粧のノリが悪くなったり、毛穴が縦に広がってきたり、口角が下がってきたなどの、昔は気にならなかったようなものが気になり始めたらエイジングケアのはじめ時となります。

エイジングケアってどういうことをするの?

エイジングケアは、加齢に応じたケアをするということを指す言葉です。

エイジングの原因とされている紫外線や感想を予防して、エイジングケアに効果がある美容成分を配合している化粧品を使ったり、サプリメントを飲むのが一般的な方法になります。

また、その他にもバランスのいい食事や質のいい睡眠をとるなどの食生活も併せて行ってくと良いでしょう。