CICとかJICCとかJBAってなんだ!!

さてパソコンを買いました。MAC Book Pro の最新版です。実はMacは3台目なんですけど、表参道のアップルストアで20万しました。13インチRetina ディスプレイは最強に美しいです。買って良かった!!!

でも支払いは現金だったので早くも今月ピンチですわ。来年は忘年会とかあって出費が重なります。クレジットカードなら銀行で引き落とされるのは来月なんでボーナス後の引き落としとなりました。うーん、やっぱりクレジットカード持ちたい!!!

しかし、私は3年前に某キャッシング会社で10万円ほどお金を借りたときに返済が半年ほど滞ったことがあります。つまり返済遅延です。まあ、額はそれほど大きくなかったのですがその時、担当者が電話口で「あなたの信用情報に傷がつきますよ」と言われたことが今でも耳に残っているのです。「信用情報」に「傷がつく」!だと!!!

クレジットカードを取得するときも個人の信用情報をチェックされると言います。

ということで調べてみました。

なんでもCIC(シー・アイ・シー)、JICC(日本信用情報機構)、JBA(全国銀行個人信用情報センター)という3つの組織があるみたいです。これら3つをあわせて信用情報機関と呼ばれていて、それぞれを交流相互ネットワークのCRIN(クリン)とFINE(ファイン)が会員のクレジットカード会社や銀行やキャッシング会社を繋いでいます。

CRINでは現在進行系の延滞情報や法的整理手続きの情報が見られるのだそうだ!!これは凄いです。過去の情報は見られないそうです。

さらにFINEはCICとJIACCの情報交流のために使われています。「契約年月日・貸付の金額・貸付の残高・元本または利息の支払の遅延の有無・総量規制の対象外の契約に該当する場合にはその旨」が記録されています。どどど!!凄いです。またこちらは過去まで遡って履歴を調べることができるそうです。

うーん、ますますヤバい!!!半年の延滞がここに記録されてなければ良いのだが。。。

クレジットカードの審査情報についてはこちらのサイトも参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です