月別アーカイブ: 2017年1月

パソコンより人間が好き!?

私はあいかわらずパソコンばかりをいじっている日々を過ごしています。

パソコンが私の恋人だと言ってもいいでしょう。というかすでにそのように知人には言っていたりします。パソコンは、私を裏切りません。正確に言えば、裏切るときは、お別れのときです。(廃棄)せいぜい、お付き合いをしても4、5年といったところでしょうか。と言っても人間よりもよっぽど長く付き合える自信が私にはあります。

そんなパソコンが恋人の私なのですが、実は先日生まれて初めていわゆる合コンというものに行ってきました。男3人女性3人でとある居酒屋で行いました。私には、彼女(パソコン)がいるので浮気になる可能性もあったのですがせっかくの機会でしたので行かせてもらうことにしました。正確に言うと合コン参加メンバーの男一人が仕事で来れなくなったということで私が代わりに呼ばれたのですが・・・。

合コンは、はじめて行かせてもらいましたが正直めっちゃくちゃ楽しかったです。パソコンが恋人なんて言っている自分が可愛そうに思えてさえきました。女の子のうちの1人ととても意気投合してしまいましてメールアドレスの交換までしてしまいました。これって脈ありなのかなと思わずその日の夜は興奮しすぎてパソコンをいじりまくってしまいました。これって恋人のパソコンからしたら酷い話ですよね。本当に申し訳ないのですがここは許してほしいと思います。私は人間です。いつかは人間とお付き合いする日がきてもいいのではないでしょうか。人間とパソコンはどんなに一緒いいても当たり前ですが結婚はできませんからね。

そんなウキウキだった私ですが交換したメールアドレスをよくよく見てみるとなんとYahoo!のフリーメールアドレスではありませんか。しかもこれって本当に使っているのって感じのアルファベットの並び・・・これってもしかして、デタラメ??急に恐ろしくなった私は女の子にメールを送ってみることに。結果は、予測通りでした。

後日、合コンに参加した友人に話したところ、その女の子は薄毛の人は生理的に合わないと話していたそうです。私は、自分の髪の毛が年々薄くなってきていることを実感していましたが、そこまでとは思ってもいませんでした。あまりのショックにパソコンで育毛剤について調べまくりました。そこで見つけたのがDNAの育毛剤です。これであの女の子をいつかみ返したいと思っています。

久ぶりに合った友達の頭皮が・・・

去年の秋に友達とBBQをしたときの話です。

大学時代の同窓生とたまに飲み会やBBQなどをしているんですが、その時の出席者はバラバラ。芸術学部だったので、多くの仲間がギョーカイに就職しました。その時参加できる人が参加するというスタンスなんで、A君に合ったのは4年前の飲み会で、4年後にまた会えたというような具合です。

それでも、やっぱり同じ釜の飯を食った仲間というか。みんな違う会社で違う部門ですが、団結というか結束があり、卒業してから10年。いまでも仲良くやってます。

そこで、去年の秋のBBQ。同じ学部のヒロユキに会いました。実に3年ぶり。

ヒロユキはテレビ業界に就職して、なかなか会うことができなかったんです。卒業してから会ったのも2回くらい。Lineで飲み行こうと言っても、ヒロユキの仕事で何度も流れてしまい、ほんと会う事がなかったんです。

卒業時に「誰が一番先に禿げるか?」なんてくだらない会話を仲間内でしていたんですが、みんなヒロユキもしかしたらハゲるかもね。という疑惑はもともとあったんですよ。

久しぶりに会ったヒロユキは帽子をずっと被ったまんま。どうしても防止を取ろうとしません。不思議に思って「どうした?」と聞くと「俺さぁ、、、てっぺんがスゲー気になって。帽子脱げねぇ。お前ならちゃんと言ってくれるだろ?ちょっと見てくれない?」というので、見ると確かに薄くなってる・・・

32でてっぺん薄いのは、自分の立場に置き換えてもショックだわ。

ヒロユキとは昔何でも話した仲で、ここでごまかすのも・・と思って「お前仕事のストレス半端ないんじゃないの??たしかに、、、ヤバいぞコレ」と、正直に言いましたよ。

3年前ヒロユキに会った時には、てっぺんはまだ問題なかったんです。というか、ここまで危機感はなかった。

3年ぶりに会ったコッチのショック半端ない・・・
これは、さすがに笑いに出来ないレベル。

その日はそのままそれ以上何も言わなかったんですが、このまえネットでいろいろ検索してて見つけたんですよ。20代つむじハゲというサイト

20代でハゲが始まる人もいるのは、知ってはいましたが。そういう人が同じ悩みを持つ人向けにいろいろな育毛剤を紹介していたんです。ヒロユキに聞くと30手前でてっぺんの薄毛の進行がはやまったとか。

育毛剤も日々進化しているようだし。今からでも進行を少しでも食い止めることができるのでは?
これは、ヒロユキにどう勧めようか・・・・
直球でいうべきかなぁ・・・

っていうか、俺自身も自分の頭頂部が気になりだした・・・