走行距離が20万キロを超えたら車の買い換えを検討する

今日はパソコンじゃなくて車の話をします。

今の車は国産車なら一昔前の車とは違い、走行距離が15万キロを超えても何も問題ないくらい品質が高いのが事実です。

私も過去に2回車を乗り換えていますが、そのどちらの車も走行距離が20万キロを超えてからというタクシー並みに長持ちしました。
しかも乗った車に恵まれたのか、使用中にこれといって不具合や故障も無く、修理に出したことはありませんでした。

もちろんエンジンオイルやエレメントの交換等は適度に行っており、これを疎かにしては故障していたかもしれません。

今の人たちの中には、昔の判断基準の走行距離10万キロや、2、3回目の車検の時期を車の乗り換えのタイミングにしている方もまだ多くおり、
私からしてみれば勿体なく思います。

これらの乗り換えは走行距離や車検を理由にしていますが
、実際は今の車に飽き、新しい車に乗りたいという欲求でしかありません。

もちろんそれを批判するつもりは毛頭ありませんし、人間の心理的にも目新しい物が欲しくなる心境は十分理解できます。

私の走行距離20万キロという基準も、日々進化する車の安全装備や先進技術を享受したいからに他なりません。
流石に20万キロも乗った車と現行の新車とでは、かなり性能に差が出ているので、自分的には良い判断基準だと自負しています。

ということで私の現車がそろそろ20万キロに達しそうなので
車買取を札幌市の車屋さんに見てもらおうかと思います。

参考にしたのは「車買取 札幌市」というサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です