髪の毛も日焼けする?ヘアケアで紫外線対策を!

こんにちは。

美容友の会の代表の坂田です。

突然ですが、髪の毛も日焼けをするって知ってましたか?

日焼けは肌だけがするものだと思っている人も多いと思いますが、髪の毛も紫外線のダメージを受けてしまうのです。

紫外線は、大気中で散乱しやすいため、日陰にいても、曇りの日であっても日焼けする可能性があります。

肌が日焼けしないように髪の毛や頭皮に対して紫外線対策をするように、髪の毛も日焼け対策をすることはとても大事です。

そこで、髪の毛の紫外線対策の為の方法やヘアケアについて紹介していこうと思います。

紫外線は髪の毛にとっても天敵

紫外線は、目に見えない太陽光の一部です。

その為、薄い雲がある日であっても80%以上の紫外線は注がれているのです。

その為、晴れた日以外でもしっかりとケアする必要があります。

髪の毛はシスチンというアミノ酸からなるたんぱく質でできています。その為紫外線に弱く、浴び続けてしまうと枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。

さらに、外部からの刺激を守るためのキューティクルは、紫外線の影響を非常に受けやすくなります。

キューティクルがダメージを受けてしまうと、髪内部の水分が外に出てしまうので、乾燥してパサついてしまいます。

髪の毛を紫外線から守るためには、ヘアケアをしっかりとすることです。

こまめにブラッシングをする

キューティクルが傷つきやすい季節の場合、こまめにブラッシングをすることでキューティクルを整えてあげることが大事になります。

髪の毛のもつれをしっかりとほどいてあげることで切れ毛や抜け毛の原因にもなりますし、余分な皮脂を取り除くことができるので、頭皮の臭い予防にもなります。

しっかりと水分を与えてあげる

こまめなブラッシングも大事ですが、流れてしまった水分を髪の毛に与えて、うるおいを取り戻してあげることも大事です。

その為には、髪の毛に栄養を与えてくれるシャンプーを使ってあげることが大事です。

一般的に市販されているシャンプーは、界面活性剤等が含まれていることがあるのですが、これは髪の毛に必要な油分まで落としてしまう事になるので、余計に乾燥を早めてしまいます。

その為、できるだけ界面活性剤が不使用のものを使って優しく洗ってください。

そして、洗い思ったらコンディショナー等を使って、髪の毛を外部の刺激から守ってあげましょう。

これだけでも紫外線から受けたダメージを補修することができるようになります。

美容はエイジングケアから

はじめまして!

美容友の会の代表の坂田です。

女性の美容についてしっかりと向き合い、いつまでも若々しくいられるようにするために、日々活動をしています。

そんな活動の中で、もっと色んな人に美についての知識を深めてほしいと考えて、ブログを立ち上げることにしました。

定期的に更新していくので、是非これをきっかけに美容に気を遣うようにしていきましょう。

さて、今回は1記事目ということで、エイジングケアについて書こうと思います。

30代になるとしわやたるみなどの肌トラブルが気になりはじめると思います。

いきなり表れてくるのでショックを受けてしまう人も多いでしょう。

ことに今は新型コロナウイルスの感染拡大が心配されているので、マスクが手放せない必須アイテムになっています。

一日中マスクをしていることも多いと思うので、そうなってくると老化はどんどん加速してしまいます。

手遅れになる前にしっかりとエイジングケアをしておくことで、老化を遅らせることはできますし、改善させることも可能です。

いつからエイジングサインが出るのか

人は、年齢を重ねることで肌の機能は衰えていきます。

個人差がありますが、大体平均的には28歳をピークとして肌の代謝が落ち始めて、ハリの元となるコラーゲンの生成量が落ち、保湿機能を司っているヒアルロン酸も減少していきます。

明らかな変化はわからなかったとしても、昔よりも乾燥しやすくなったり、夕方になると肌がむくんでくるといった症状が現れ始めたら、エイジングサインとなります。

エイジングケアは何歳から始めればいいのか

エイジングケアを始める年齢も個人差がありますが、化粧のノリが悪くなったり、毛穴が縦に広がってきたり、口角が下がってきたなどの、昔は気にならなかったようなものが気になり始めたらエイジングケアのはじめ時となります。

エイジングケアってどういうことをするの?

エイジングケアは、加齢に応じたケアをするということを指す言葉です。

エイジングの原因とされている紫外線や感想を予防して、エイジングケアに効果がある美容成分を配合している化粧品を使ったり、サプリメントを飲むのが一般的な方法になります。

また、その他にもバランスのいい食事や質のいい睡眠をとるなどの食生活も併せて行ってくと良いでしょう。